予防接種(腸チフス)を海外赴任へ行く前に受けたいとお考えなら夜間診療も行う【麹町皮ふ科クリニック】~腸チフスの基礎知識~

腸チフスの基礎知識を知ろう

腸チフスはサルモネラ菌の一種で、菌を保有しているのは人のみです。他の動物が菌を保有していることはありません。感染者の便に含まれている菌に汚染された飲食物を口にすることで、感染します。
6~30日の潜伏期間があり、最初は発熱の症状が現れます。そして、頭痛や倦怠感、食欲低下といった症状も出始め、肝脾腫やバラ疹の症状がみられることもあります。
治療を行わなかった場合、発症から2週間程度で消化管出血や消化管穿孔などの合併症を引き起こすおそれがあります。
主な治療法として抗菌薬治療がありますが、抗菌薬を投与しても解熱するまでに3~5日かかることがほとんどです。1~2週間投与を続けた後、便培養検査が陰性であれば治癒したものと判断できます。
腸チフスを予防する方法には、予防接種があります。しかし、日本にはまだ腸チフスの国産ワクチンがなく、国が認可している輸入ワクチンもありません。
そのため、予防接種は海外で効果が認められている輸入ワクチンを自費で接種することになります。自分の体を守るためにも、海外へ渡航する際はぜひ予防接種を受けてください。

腸チフスの予防接種を行う【麹町皮ふ科クリニック】~夜間診療にも対応~

腸チフスの予防接種を行う【麹町皮ふ科クリニック】は、東京都千代田区平河町にあります。駅から徒歩圏内にあり、夜間診療も行っているのでお仕事帰りにもご利用いただけます。
渡航によって予想される感染症の予防を考える方は年々増えていて、腸チフスなどの予防接種を受けに【麹町皮ふ科クリニック】に来院される方も多くいらっしゃいます。
予防接種は腸チフスの他にも、A型肝炎やB型肝炎、狂犬病など、様々なワクチンを常備しています。また、薬の処方も可能です。東京で海外赴任の前に予防接種を受けたい・薬を処方してほしいとお考えなら、【麹町皮ふ科クリニック】をご利用ください。

海外赴任の前の予防接種(腸チフス)をお考えなら

予防接種(腸チフス)をお考えなら、一般的な価格よりも安く予防接種を行う【麹町皮ふ科クリニック】をご利用ください。海外での勤務経験もあるドクターが対応し、英語での診療にも対応しています。
予防接種は、A型肝炎・B型肝炎・破傷風・狂犬病・日本脳炎・ポリオ・腸チフス・髄膜炎菌・コレラなど、幅広く対応しているので、海外赴任を控えている方は【麹町皮ふ科クリニック】にお任せください。輸入ワクチンを多く取り揃え、相場よりも安い料金で提供いたします。

腸チフスの予防接種を受けるなら【麹町皮ふ科クリニック】へ

医院名 麹町皮ふ科クリニック 海外渡航外来
住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階
アクセス 麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分、四ツ⾕や⾚坂⾒附駅からも徒歩でお越しいただけます。地下鉄をご利用頂けば市ヶ谷駅からも約5分
診療内容 海外渡航の予防接種、皮膚科、アレルギー科

 

関連記事

  1. 予防接種(腸チフス・狂犬病)を東京で受けるなら費用を抑えた予…

  2. MENVEOの髄膜炎菌ワクチンを受けるなら「安い」料金で接種…

  3. 髄膜炎菌ワクチン(メナクトラ)接種をお考えなら東京で夜間診療…

  4. 狂犬病の予防接種(化血研・Verorab)|回数・料金|東京…

  5. 東京でA型肝炎・B型肝炎の予防接種を受けたい方へ

  6. 【平日20時まで】狂犬病や髄膜炎菌の予防接種|料金|東京のト…

診療内容

google map

駅から近い! 各種トラベルワクチン常備 夜8時まで診療

〒102-0093
東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階

【ACCESS】
麹町駅:1分、半蔵門駅:4分、永田町駅:5分、四ツ谷駅:10分、赤坂見附駅:10分、、市ヶ谷駅(有楽町線+徒歩):5分
【診療時間】
■午前 11:30~13:30
■午後 16:00~20:00
【休診日】
土曜・日曜・祝日
【予約専用QRコード】
下記より簡単に診療予約が可能です。
予約専用QRコード