渡航前の準備

渡航前の準備

海外旅行保険

海外旅行保険

海外で医療を受けた際の医療費は、日本より高額となることが多いので、こうした事態に備えるため、海外旅行に際しては海外旅行保険への加入が必要です。

クレジットカードにも海外旅行保険が付帯されていますが、支払額に限度があるため、安心して医療を受けるためには、正式な保険に加入する事が必要です。

海外旅行保険には、傷害による死亡保険金や治療費が基本契約となっており、これに疾病による治療費や移送費用などが特約として加わります。
通常は、基本契約にいくつかの特約を加えたセットとして販売されていますが、加入している保険がどこまで医療費をカバーしてくれるかを、事前に確認しておくことが大切です。

海外旅行者のリスク

1.健康問題の発生頻度

健康問題の発生頻度

旅行者が途上国に1ヶ月滞在すると、何らかの健康問題が50~60%に発生する結果となっています。
この健康問題には疲労や不眠など軽い症状も含みますが、下痢やカゼといった実際の病気にかかる頻度は20~30%と、意外と高率です。

2.どんな健康問題があるのか

①自然環境の変化による健康問題

自然環境の変化による健康問題

自然環境のうちでも気候の変化に起因する健康問題は、高頻度に発生するものです。
たとえば、高温多湿の気候は体力の消耗や脱水を助長します。また、乾燥した気候では、呼吸器感染症やアレルギー性鼻炎が増加します。

気候の変化以外にも、航空機内で発生する疾病、時差による体調不良(時差症候群)、高山病などがこの範疇に属する健康問題です。

②衛生状態の変化による健康問題

衛生状態の変化による健康問題

これは、途上国に滞在する場合に大きな問題となります。このうち経口感染は最も頻度が高く、下痢症は1ヶ月間の途上国滞在で約20%以上、A型肝炎は0.04%に発症するとされています。蚊に媒介されるマラリアやデング熱も頻度が高く、マラリアは西アフリカに滞在すると、1ヶ月間で2~3%の罹患率です。

③慢性疾患の悪化

慢性疾患の悪化

中高年者は、高血圧や糖尿病などの慢性疾患を抱えていることが多く、それが旅行中の疲労で悪化することがあります。
また、腰痛や関節痛などの整形外科疾患も、旅行中の過激な運動で悪化する可能性があります。

3.旅行中の死亡

旅行中の死亡

海外で旅行者が死亡する頻度は、1ヶ月の滞在で0.001%とされています。
欧米での調査によれば、海外旅行中の病死の原因としては、心筋梗塞や脳卒中など心血管系の疾患が最も多いものでした。

旅行中は、無理な行動により疲労が蓄積するものですが、慢性疾患をかかえる中高年者の場合は、こうした疲労が誘因となり心筋梗塞や脳卒中を誘発する可能性があるようです。
渡航前には、渡航準備により睡眠不足となりがちですが、充分に体調を整えて渡航してください。

インターネット上の海外医療情報サイト

サイト名 特徴
厚生労働省検疫所 海外感染症流行情報 推奨予防接種
国内のトラベルクリニック情報
外務省 海外安全ホームページ 海外感染症流行情報
国立感染症研究所 感染症情報センター 海外で流行している感染症の解説
外務省 渡航関連情報 国別の疾病情報 推奨予防接種
海外医療機関情報
海外邦人医療基金 海外医療機関情報
東京医科大学病院 渡航者医療センター 海外感染症流行情報 推奨予防接種
海外医療機関情報
日本小児科医会国際部 国別の小児予防接種情報
日本渡航医学会 国別のトラベルクリニック情報
日本寄生虫学会 マラリアの治療や予防の情報
寄生虫疾患コンサルテーション窓口
海外医療支援協会 慢性疾患を抱える人の海外旅行情報
インターネット上の海外医療情報サイト

海外旅行者の携帯医薬品

内服薬 外用薬 衛生用品
基本医薬品 ・総合感冒薬
・解熱鎮痛薬
・胃腸薬
・下痢薬
・抗生剤軟膏
・ステロイド軟膏
・うがい薬
・絆創膏
・滅菌ガーゼ
・テープ
・体温計
追加を考慮する医薬品 ・抗アレルギー薬
・抗生剤**
・睡眠導入剤*
・風邪薬*
・点眼薬
・昆虫忌避剤
・湿布薬
・蚊取線香
・日焼け止めクリーム
海外旅行者の携帯医薬品

*:剤型は、錠剤またはカプセルを選んでください。

**:医師の処方を要するものもあります。

海外渡航者(成人)に推奨されるトラベルワクチン

ワクチン 推奨される渡航者
滞在期間 地域 特にすすめられる行動、その他
短期 長期
A型肝炎 途上国全域 郊外の滞在やトレッキングをする者
衛生状態の悪い店で食事をする者
B型肝炎 途上国全域
高キャリア率地域
世界中
医療従事者
現地の人と密接に接触する者
外傷リスクの高い者、性的接触のある者
メイドがキャリアの場合
黄熱 熱帯アフリカ
南米
証明書を要求する国に滞在する者
流行地域に渡航する者
狂犬病 アジア、アフリカ、
中南米
獣医、調教師など動物に接する者
曝露後の速やかな治療が困難な者
日本脳炎 中国~南アジア 農村部に滞在する者、接種歴の無い者
破傷風 世界中 1968年以前に生まれた者
外傷リスクの高い者
ポリオ 南アジア
熱帯アフリカ
1975年~77年生まれの者
流行地域やスラム等で活動する人
インフル 世界中 高齢者
海外渡航者(成人)に推奨されるトラベルワクチン

診療内容