感染症検査

感染症検査

感染症検査の目的

感染症検査_目的

小さい頃から多くの予防接種を経験されている方がほとんどだと思います。
日本は、衛生環境が整った先進国のため、発症しにくい感染症も海外では流行していることがしばしばあります。特に最近では、国際交流が盛んになり、出国・帰国の際に他国の感染症ウイルスを知らぬ間に持ち帰っていることがないとは言い切れません。

たとえば、衛生面で整ったことによって、感染する機会が減った感染症に対する免疫力の低下や、予防接種を受けていない人に対して集団感染し社会問題に発展する恐れもあります。

まだまだ日本には、存在しない感染症が海外にはたくさん存在することがあるため、たとえ成人であっても追加予防接種などの対応を積極的に取ることはとても重要です。海外赴任、渡航、出張、海外旅行、留学等は感染症に対するリスクが高まる機会です。
事前に健康診断を含めた感染症検査に参加することは自分の命を守るだけでなく、周囲の二次感染を予防することにも繋がります。健康リスクマネジメントは、企業・団体側にも注目されています。

感染症検査を受ける時期

感染症検査を受ける時期

海外赴任、渡航、出張、海外旅行、留学等の時期が決まり次第、早めに感染症検査を受けましょう。予防接種ワクチンの中には、国内で承認されていないものもありますから、輸入ワクチンや予防薬を取り扱っている専門クリニックとの連携は、ますます重要となるでしょう。

また、クリニックごとに異なるとは思いますが、トータルケアとして大きく分けて事前、滞在中、帰国後の検査があります。感染症の中には、初期の自覚症状が分かりにくいものや、診断が困難なものもあるため、潜伏期間が特定できない場合があります。
できるだけ早めに情報収集し、医師と継続的なコミュニケーションや検査を受けることが大切です。

料金

A型肝炎 抗体検査 ¥2,500(税込)
B型肝炎 抗体検査 ¥2,500(税込)
感染症検査を受ける時期

診療内容