高山病の薬処方

料金
108円(税込) ※診察料などは含みません。自費診療となります。

高山病とは

高度が上がるにしたがって空気中の酸素濃度は下がります。高地に行くと、血液中の酸素の量が減り、酸素不足からさまざまな症状が引き起こされます。
高山病とは、そうした高度の上昇による酸素不足から引き起こされるさまざまな症状のことを指します。頭痛や悪心、脱力などから重症の場合は、脳浮腫や肺水腫などの重篤な症状を起こし死に至る危険性もあります。登山目的の旅行者だけでなく、近年ではペルーやネパールなどを始め、標高の高い地域への旅行も人気となっており、ツアーなどで比較的気軽に標高3000m~4000m級の観光地へ行く旅行者も増えています。
高地への旅行では特に体調管理をしっかり行うことが重要です。

次のような方は特に注意が必要です。
1、以前に症状が出た方
2、ハイペースで登る方
3、ご高齢の方
4、循環器系の持病のある方
5、呼吸器系の持病のある方
6、そのほか慢性疾患のある方

高山病を防ぐために準備しておきたい8つのポイント

高山病にかかりにくくするために事前の準備をしておくことが重要です。

1、日頃から有酸素運動能力を高めておきましょう。
2、いきなり高地に出発するのではなく、高地に順応できるようにを高度順化を計画しましょう。
3、ゆっくりと高度を上げましょう。
4、チェックシートを利用するなどきちんと体調を管理しましょう。
5、適切な水分を摂取しましょう。
6、暴飲暴食は避けましょう。
7、6000m以上の高地に長期滞在することは避けましょう。
8、持病のある方は、緊急時の対処方法を主治医に確認しておきましょう。

ダイアモックスはどんな薬?

ダイアモックスは脳の血管を拡げる働きがある薬です。脳の血管が広がることで血流が増し、高地で生じる脳内の低酸素状態を軽減します。また、呼吸中枢という呼吸を司る機関も刺激するため、呼吸の回数が増えて血液の中の酸素の量が増えます。

高山病予防のためのダイアモックスの服用法
高地に行く前日から、朝夕1錠ずつ服用します。

ダイアモックスの副作用
手足にしびれを感じる場合があります。

ダイアモックス服用時の注意点
ダイアモックスが高山病のすべてに効果があるわけではありません。予防薬としてダイアモックスを服用しても高山病を発症してしまった場合、ダイアモックスを治療薬として用います。治療薬として服用するときは、予防の倍量となり、1回1錠(250mg)を1日2回服用します。ダイアモックスを服用しても高山病の症状が悪化する場合、すぐに下山するなどの対応が必要です。

急性高山病の症状で注意すべきポイント

次のような症状が出た場合は、高山病の症状の可能性があります。
1、頭痛薬でも治らない頭痛
・食欲不振、吐き気、吐く
・睡眠障害
・めまい
・周囲に無関心、無頓着、感情隠蔽
・寝てばかりいる
・運動失調
・末梢の浮腫

もし高山病になってしまったら?

ダイアモックスは予防薬としてだけでなく、高山病の治療効果もあります。
その場合朝夕2錠ずつ服用します。それでも症状が改善しない場合、速やかに下山することが大切です。高山病の治療で最も効果的な対処法は高度を下げることです。すぐに下山するのが難しい場合は、少なくともそれ以上高度を上げないことが重要です。山酔いや高地肺水腫、高地脳浮腫対策には酸素吸入も有効です。高所の観光地の救護所やホテルでは酸素を設置している場合もあります。

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分、各駅からアクセス良好な他、四ツ⾕や⾚坂⾒附駅からも徒歩でお越しいただけます。地下鉄をご利用頂けば市ヶ谷駅からも約5分でお越しいただけます。東京メトロの複数路線をご利⽤いただけるため、他県からも患者様にお越しいただいております。

トラベルクリニック(海外渡航外来)への受診は完全予約制です

感染症検査や予防接種などで、トラベルクリニック(海外渡航外来)への受診を希望される方は、必ず下記より事前のご予約をお願いします。

 
診療内容

google map

駅から近い! 各種トラベルワクチン常備 夜8時まで診療

〒102-0093
東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階

【ACCESS】
麹町駅:1分、半蔵門駅:4分、永田町駅:5分、四ツ谷駅:10分、赤坂見附駅:10分、、市ヶ谷駅(有楽町線+徒歩):5分
【診療時間】
■午前 11:30~13:30
■午後 16:00~20:00
【休診日】
土曜・日曜・祝日
【予約専用QRコード】
下記より簡単に診療予約が可能です。
予約専用QRコード