初めて海外渡航する方へ

海外赴任中の健康対策と予防接種の準備

海外赴任中の健康対策は準備が重要です。海外赴任が決まったらできるだけ早い段階から健康対策と予防接種の準備を始めましょう
できれば3~4か月前から準備していくのが良いでしょう。
特に皮膚の持病をお持ちの方は、お早めにご相談いただければ現地での持病のコントロールに関しての指導を行わせていただくこともできます。

■皮膚の持病をお持ちの方はこちら

皮膚の持病相談 お子様の皮膚の持病相談

海外赴任が決まったらまず押さえておきたい4つのポイント

1、赴任先の情報収集(3~4か月前)

まずは赴任先の情報を収集し、現地の状況に合った対策を行いましょう。

<調べておきたい現地の情報>
・気候
・衛生状態
・感染症の流行状況
・医療事情
・医療機関情報
・必要となる予防接種
・大気汚染状況

中でも気候に起因する健康問題は、高い頻度で発生します。
発展途上国への渡航では、衛生状態も健康を大きく左右する問題となります。
また、持病をお持ちの方はそれらの悪化にも注意が必要です。

2、自分と家族の健康状態の把握(3~4か月前)

渡航前に健康診断を受けて健康状態を確認しましょう。
当院では、健康診断は実施しておりませんので、下記より健康診断を実施している医療機関をお探しください。皮膚疾患に関してはもちろん対応可能です。

■海外赴任者
6ヶ月以上の海外赴任の場合、健診を受診が義務付けられています。
それ未満の場合もできるだけ出発前に健診を受けておくことをおすすめします。
また、歯科健診を受けて治療も完了させておきましょう。

■帯同するご家族
大人:健診は任意ですが、できるだけ日本で受けておきましょう。
小児:学校や乳幼児健診で問題を指摘された点について、かかりつけ医と相談しておきましょう。

3、予防接種(1か月以上前)

予防接種によっては、2〜3回接種しなければならないものもあるため、できるだけ出発の1か月以上前からご相談ください。
麹町皮ふ科クリニックでは、各種予防接種を常備しておりますので、ワクチンの種類や接種のスケジュールに関して具体的にご相談いただけます。

■詳しくはこちら

海外渡航の予防接種

4、持病をお持ちの方の対策

海外渡航中は環境の変化や治療の中断などにより持病が悪化しやすくなります。
麹町皮ふ科クリニックでは特に海外滞在中の皮膚疾患への対策に力を入れています。

<準備しておくと良いこと>
・まずは主治医に相談する
・持病を自分で管理できるように理解を深めておく
・お薬の長期処方(自費)
・英文の医療情報を準備しておく

特に皮膚の持病をお持ちの方への指導に関しては下記のページに詳しく記載しています。
■皮膚の持病をお持ちの方はこちら

皮膚の持病相談 お子様の皮膚の持病相談

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分、各駅からアクセス良好な他、四ツ⾕や⾚坂⾒附駅からも徒歩でお越しいただけます。地下鉄をご利用頂けば市ヶ谷駅からも約5分でお越しいただけます。東京メトロの複数路線をご利⽤いただけるため、他県からも患者様にお越しいただいております。

トラベルクリニック(海外渡航外来)は、完全予約制です

感染症検査や予防接種など、トラベルクリニック(海外渡航外来)への受診を希望される方は、必ず下記より事前のご予約をお願いします。

 
診療内容

google map

駅から近い! 各種トラベルワクチン常備 夜8時まで診療

〒102-0093
東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階

【ACCESS】
麹町駅:1分、半蔵門駅:4分、永田町駅:5分、四ツ谷駅:10分、赤坂見附駅:10分、、市ヶ谷駅(有楽町線+徒歩):5分
【診療時間】
■午前 11:30~13:30
■午後 16:00~20:00
【休診日】
土曜・日曜・祝日
【予約専用QRコード】
下記より簡単に診療予約が可能です。
予約専用QRコード